スポンサーリンク

普悠瑪號の車窓からは色々な景色を楽しめる(台北から宜蘭まで)

宜蘭

 今回は、普悠瑪(プユマ)號に乗って、台北から宜蘭に行ったときの車窓からの景色を紹介していきたいと思います。台北から宜蘭駅までの所要時間は1時間15分ですが、盛りだくさんです。

見どころ:
 車窓からの眺めは、前半は基隆河、中盤は山々、太平洋の海、そして最後は田園風景といった景色が広がります。1時間強の乗車で色々な景色が味わえます。今回乗車した普悠瑪號の列車は振り子式が採用されていますので、乗り心地もいいですよ。

台北に入線する普悠瑪號。列車は、日本車輌製です。自強號と比較し、音が非常に静かです。

こちらは台北駅に入線する列車を動画で撮影してます。

普悠瑪號の車内です。自強號と比較すると、非常に綺麗です。行き先もデジタルサイネージになっています。

それでは車窓からの風景です。台北駅から松山駅までは列車は地下を走っていますが、南港駅を過ぎると、窓からは景色が見え始めます。

こちらは七堵駅近辺です。多くの列車があります。駅の近くには七堵鉄道紀念公園があります。

ハローキティーの列車が停車していました。最近、台鉄は日本の鉄道会社とのコラボやラッピングが多いです。それにしても台湾の人はハローキティーが好きですね。

七堵駅を過ぎると左手に基隆河が見えてきます。川、マンション、そして木々の緑が広がっています。

しばらくすると奥深い山々が広がってきます。

列車が山の中を走っているような印象さえします。

猫の村「侯硐駅」を過ぎたあたりです。この辺りは川と山々の組み合わせになります。この辺りが昔炭鉱があったと言われて納得するような雰囲気です。

動画で見るとより、山と川の自然が広がっている景色がわかります。

こちらは山間にある廟です。台湾らしい景色ですね。

頭城駅近辺まで来ると、左手に太平洋の海が広がっています。

車窓からは、海越しに龜山島が見えます。この辺りは太平洋に広がる海の眺めがすごくいいです。

宜蘭駅に近づいてくると、田園風景が広がってきます。

こちらは宜蘭河です。いよいよ宜蘭の中心まで来ました。

宜蘭河の河川敷です。

宜蘭駅に到着です。宜蘭駅はすべての列車が到着する駅になります。

ちょうど宜蘭駅に到着したとき、台鉄では珍しいスカイブルーの列車が停車していました。

列車の標識を見ると、復興號でした。今まで乗ったこともないですし、見たこともなかったので、とても貴重ですね。

台北から宜蘭への車窓からの眺めは色々な景色を楽しめます。ぜひ宜蘭まで電車で行ってみてください。

宜蘭駅周辺の街並みはこちらを参照にしてください。

Follow me!

クリックお願いします

台湾旅行ブログランキング

海外旅行ブログランキング

宜蘭

Posted by けんいち