スポンサーリンク

宜蘭・羅東の気になる景色(観光スポットを巡る)

羅東

 今回は台湾東部にある宜蘭縣羅東の観光スポットを紹介したいと思います。日本で台湾旅行というと台湾の台北、台中、台南、高雄といった台湾西部に行く人が多いですが、あまり日本では話題にならないですが魅力溢れる羅東を紹介したいと思います。

羅東の場所は?

羅東は台北の東南に位置しています。台北からは台鉄(普悠瑪号、自強號)で羅東駅まで1時間~1時間半、バスで1時間半~2時間の所要時間です。

羅東の魅力と観光スポット

①昔、近くの太平山は林業の一大産地であったことから木材に関する観光スポットがある。

②台湾でも有名な葱(三星葱)の産地である。(他の都市の夜市で、三星葱の文字を見た人もいるかもしれませんが、実は羅東近くの三星が産地なんです。

③大きな羅東観光夜市がある。私のお気に入りの夜市のひとつでもあるのですが、三星葱を使った食べ物が多いです。夜市の規模も大きい。

撮影スポットのルート

台鉄羅東駅→羅東林業文化園區→羅東夜市&中山公園→宜蘭縣羅東鎮農會中正路分部→羅東城隍廟(慈德寺)→五福眼科診所→震安宮→羅東國小→羅東駅

台鉄羅東駅

台鉄羅東駅を降りて、駅舎を見てみると中華風の建物です。駅は日本統治時代の1919年の開業です。

羅東駅の詳細記事はこちら:https://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-entry-592.html

羅東駅を右側の方向(站前北路)に歩いていきます。

羅東林業文化園區

羅東駅から徒歩5分程で、羅東林業文化園區に到着です。

園區に入りしばらく歩くと、左手に大きなため池があります。右側には歩道に沿って、台鉄が走っています。

ため池には、木々が所々に浮かんでいます。

しばらく歩くと突き当りとなり、左折します。左折すると、日式家屋が見えてきます。

そして羅東駅方面を見てみると、そこには大きなため池があり、その向こうには建物が見えます。

再度突き当りのところを左折すると、線路があります。昔、太平山で切り出された木材がここまで運ばれてきた証となるものです。そして機関車の展示がされています。

園區には竹林駅(竹林車站)があります。昔は、羅東森林鉄道の始発駅でした。

林業園區であることから多くの木々があります。

撮影スポット:羅東林業文化園區
住所:宜蘭縣羅東鎮中正北路118號
羅東林業文化園區詳細記事はこちら:https://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-entry-310.html
地図:

羅東夜市&中山公園

次に羅東夜市です。羅東駅から徒歩で約10分弱の距離にあります。中正路から民生路に入ったところから徐々に露店が広がり始めます。

民生路から公園路に入ったところから本格的に露店の数が増えてきます。公園路が夜市のメインになります。

公園路の近くには、羅東中山公園という大きな公園がありますが、ぜひこちらも見てほしいですね。夜でも夜市に来ている子供連れの親子がいたりします。

8月に行った時はちょうど台湾の七夕(情人節)でしたが、きれいにライトアップがされていました。

公園には林業の都市である証の木材を積んだ機関車が展示されています。日本統治時代は、阿里山とともに太平山は林業が発展していました。

機関車の後ろには、大木が積まれています。

再度、夜市に戻りましょう。公園路の通りです。

食べ物関連のお店も多く、いつ行っても人は多いです。

羅東夜市の特徴としては、三星葱を使用したお店が非常に多いですね。葱好きのひとは、絶対に気に入る夜市だと思います。

撮影スポット:羅東夜市
住所:宜蘭縣羅東鎮興東路與號民權路口
羅東夜市詳細記事はこちら:https://oitaiwan.jp/post-1639/
夜市内の葱関連のお店詳細記事はこちら:https://oitaiwan.jp/post-1687/(玉本舗三星葱餅)
     https://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-entry-593.html(皇佳三星葱肉串)
     https://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-entry-585.html(三星葱豬肉捲餅)
     https://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-entry-584.html(七巧味三星葱多餅)
地図:

撮影スポット:羅東中山公園
住所:宜蘭縣羅東鎮民生路58-60號
羅東中山公園詳細記事はこちら:https://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-entry-588.html
地図:

旧羅東信用組合(宜蘭県羅東鎮農会中正路分部)

夜市から再度、羅東駅方向に戻ります。民生東路と中正路の交差点付近に「宜蘭県羅東鎮農会中正路分部」の建物があります。こちらの建物は日本統治時代からあるもので、外観は日本統治時代には2階建てだったものが3階建てへと増築はされていますが、当時の面影はあります。

日本統治時代には羅東信用組合の建物でした。

撮影スポット:旧羅東信用組合(宜蘭県羅東鎮農会中正路分部)
住所:宜蘭縣羅東鎮中正路130號
旧羅東信用組合詳細記事はこちら:https://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-entry-262.html
地図:

羅東城隍廟(慈德寺)

宜蘭県羅東鎮農会中正路分部の隣には慈德寺という廟があります。こちらの廟の特徴は、廟内の天井に飾られている大量の赤い提灯が非常に綺麗なところです。

廟内に入ると赤い光が非常に眩しいです。

天井を見ると、赤い提灯が大量にあります。

羅東城隍廟はそれほど規模が大きくはないですが、きれいな赤い提灯だけでも見る価値ありです。

撮影スポット:羅東城隍廟(慈德寺)
住所:宜蘭縣羅東鎮中正路128號
ホームページ:http://www.lanyangnet.com.tw/scenic/scenic.asp?Scenic_Id=238
羅東城隍廟(慈德寺)詳細記事はこちら:https://oitaiwan.jp/post-1755/
地図:

五福眼科診所

羅東城隍廟から中正路を南に歩いていくと左手に日式建物があります。日本統治時代の1920年に清野満五郎によって開設された診療所です。戦後は五福眼科診所となりました。宜蘭地区では現存する貴重な日式医療建築物です。

撮影スポット:五福眼科診所
住所:宜蘭縣羅東鎮中正路108號
五福眼科診所詳細記事はこちら:https://oitaiwan.jp/post-1700/
地図:

震安宮

さらに中正路を南に歩き、民族路との交差点に震安宮という廟があります。規模的にはそれほど大きくないですが、廟前の赤い提灯と道教廟らしい重厚感があります。主神は天上聖母(媽祖)です。

撮影スポット:震安宮
住所:宜蘭縣羅東鎮中正路35號
Facebook:https://www.facebook.com/pages/羅東震安宮/365706873523780
五福眼科診所詳細記事はこちら:https://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-entry-633.html
地図:

羅東国小

次に民族路を宜蘭駅方面に歩いていきます。途中で道路が二股に分かれ道路名が清潭路に変わります。その道を左側に歩いていくと、羅東国小があります。1898年創立の歴史のある小学校で、建物が非常に印象的です。

撮影スポット:羅東国小
住所:宜蘭縣羅東鎮民族路1號
地図:

中山北路と台鉄の踏切

中山北路は大きな通りになりますが、昔懐かしい踏切があります。遮断機は道路の幅が広いだけあって、長いものが2本あります。日本ではあまり見かけなくなってきてますね。

羅東駅

最後に羅東駅に戻ってきて、ちょうど羅東駅を出て左側の方向ですが、色々な鉄道に関するものが残っています。歩道のところには、線路跡となっています。昔はこちらが線路だったのでしょうか??

こちらは、羅東駅を出て左側のすぐの場所です。鉄道の車輪があります。展示なのか、そのまま放置されているのかが判断が難しい感じにあります。

羅東は夜市を初めとして、見るべき観光スポットがたくさんあります。ぜひ台湾西部だけでなく、宜蘭や羅東にも足を運んで欲しいですね。

Follow me!

クリックお願いします

台湾旅行ブログランキング

海外旅行ブログランキング

羅東

Posted by けんいち